うつ病

うつ病!何故?って

言われるほど、はっきりした原因がまだよく分かっていないのが実情ですが、脳で働く神経伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、過度なストレスやからだの病気、環境の変化など、これって言う原因を特定出来ないなど、さまざまな要因が重なりあって発病すると考えられています。

更年期には

体のほてり(ホットフラッシュ)や大量の汗(スウェッティング)、不定愁訴など多岐にわたる症状が身体に現れ、当然ですがストレスになります。また、萎縮性膣炎に基づく膣乾燥感、性交痛による夫婦生活のストレスなど、周りの理解不足もストレスの原因になるようです。

これらは

更年期に発症するうつ病ですが、うつ病全体にも当てはまる事が多いかと思います。ただし、更年期に発症するうつ病は更年期障害の治療を行うことで、個人差は有りますが劇的に改善することも少なく有りません。

何故なら

女性ホルモン(エストロゲン)分泌量の減少と言う、一番大きな原因が分かっているからです。あるお医者さんによると「女性ホルモン(エストロゲン)分泌量の減少=HRT(ホルモン補充療法)」と、不足したものを足す、理にかなった現医療では最善の治療法と言われていました。