症状は?

更年期は

症状の差こそあれ誰にでも訪れる期間です。ただし、その期間や症状には個人差が大きく、日常生活に支障が出るような重い症状に悩む人もいれば、不調をほとんど感じないで過ごす人もいます。

また、その症状の出方も日によって違ったり、つらさも違ったり、出る数や症状も人によって違ったりと、一律に更年期症状・障害これですとは言えないのです。

ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ、頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ、腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛、疲れやすい、食欲不振、吐き気、便秘、下痢、のどの渇き、口臭、胃もたれ、胸やけ、頻尿、残尿感、排尿痛、血尿、尿失禁、月経異常、膣乾燥感、性交痛、性欲低下、しびれ、知覚鈍麻(感覚がにぶい)、知覚過敏、蟻走感(蟻が体を這っているような感覚)、視力低下、皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみなどなど

未だまだ沢山あるでしょう。ただし、これらの症状が全て更年期の症状によるものとは限りません。実は他の病気だったと言うことも有ります。気になる症状があれば必ず婦人科などの専門医を受診しましょう。